よくあるご質問

脱毛に関してのよくあるご質問をまとめております。

エステの脱毛と病院の脱毛は何がどう違うの?
永久脱毛は医療行為に該当し、レーザーのみならずエネルギーを使って行う脱毛は医師の領分と特定されており、東京都「生活文化局」におけるエステ脱毛の見解も「サロン用の脱毛機は高出力が出ないように安全装置を備え、医療用機器と識別出来るものにするべきだ」と示しています。
その為、エステサロンで「永久脱毛」を行う事は法律上出来ません。エステサロンで唯一出来る脱毛行為は「発毛を遅らせる行為」のみであり、はっきり言って自宅で毛抜きを使って出来る処理と大差のない結果しかありません。
また医療レーザーは安全性にすぐれ、高出力での照射が可能ですので確実な効果が期待できます。
脱毛出来ない場所はありますか?
基本的に毛が生えている部分(ほぼ全身)の脱毛が可能です。しかし、乳輪・粘膜・母斑など色素の濃い部分はやけどや水ぶくれなど、皮膚トラブルを引き起こす恐れがある為レーザーを照射する事は出来ません。
またレーザーは黒い組織に反応しますので、強く日焼けをされている肌や肌が極端に黒い方はレーザー照射はできません。その為治療期間中は治療部位を日焼けしないように注意して頂く必要があります。
当院では男性のデリケートゾーン(V・I・Oライン)は行っておりません。
何回くらいの通院で終了しますか?
希望箇所や毛量・毛質・肌状態によって多少個人差がありますが、腕や・胸・腹のむだ毛は毛周期に合わせて約1か月半おきに約8回前後の通院が必要ですが、男性ひげ脱毛は2週間おきに約20回前後の通院が目安です。 医療レーザー脱毛は比較的高出力での照射が可能ですが、当院では火傷や水ぶくれなどの肌トラブルを避けるため、院長判断のもと、その方の肌状態にあわせて少しずつ照射レベルをあげていきます。 体の脱毛回数と比べヒゲ脱毛は多少通院回数が多くなりますが火傷等のトラブルがほとんどありません。
体に害(副作用)はありませんか?
特に体への害や副作用といった心配はありませんが、アトピー体質や光アレルギーのある方・てんかんなどの既往のある方は事前に医師・看護師へ相談下さい。
また皮膚科に通院中でステロイド剤等を使用されている方は事前にお知らせ下さい。
脱毛後はどんな事に注意すればいいですか?
照射直後は熱いお湯での入浴や、サウナなどは控えて下さい。また脱毛治療期間中は照射部位が日焼けをしないよう紫外線予防をしっかりと行って下さい。
治療後、数時間または数日は多少赤みが続く事がありますが、1週間経過しても赤みが引かずヒリヒリするなどの症状がある場合はすぐにご連絡を頂いております。
冷却ジェルやローションなどの付属品を購入する必要がありますか?
エステなどのサロンでは付属品の購入をすすめられますが、当院では脱毛費用以外にかかるお費用は一切ありません。
お肌が弱い方など、必要に応じてお渡しするローションもアフターフォロー代として含まれていますのでご購入する必要はありません。
時間はどれくらいで終わりますか?
ニードル式の針脱毛は毛1本1本を処理するのに対し、医療レーザー脱毛は1照射につき10ミリ×10ミリまたは15ミリ×15ミリの範囲の脱毛が可能な為、短時間で広範囲の脱毛が可能です。
照射範囲によって治療時間が多少異なりますが、お顔全体で約30分前後、両下腿40分程で終了します。
施術してくれる方は女性ですか?
当院は医療免許を持った経験豊富な看護師が担当しますので安心して治療が受けられます。プライバシーに十分配慮し完全個室にて行いますので、気兼ねなく治療出来ます。
ただし当院は男性のデリケートゾーン(V・I・Oライン)の脱毛治療は行っておりませんのでご了承下さいませ。

0120-967-389 不定休9:30~19:00(完全予約制)遠方からお越しのか方には【交通費負担制度】がございます。

  • メール相談
  • オンライン予約